昇降床式家畜運搬車

床が昇降することで家畜を2段積みすることが容易になり、運べる家畜の幅も広げることが可能な、昇降床式家畜運搬車を製作いたしました。
livestock1.jpg

上段に豚を積む際、これまでは専用のスロープを用意したり、テールゲートを上げ下げして数回に分けて積んだりしていたんだそうです。
livestock2.jpg

でも、この昇降床式家畜運搬車なら、プラットフォームからそのまま豚を積み込み、いっぱいになったら床を上昇させるだけで、いっぺんにたくさんの豚を上段へ上げることが可能になりました。
livestock3.jpg

そして、上昇したフロアーにストッパーをかけたら下段にさらに豚を積められるので、一度に多くの豚を運ぶことが可能なのです。
livestock4.jpg

さらに、1段の状態での走行も可能なので、豚より大きな牛などを運ぶことも可能。
行きは2段にして豚を、帰りは1段にして牛を運ぶなんてことも可能です。
livestock5.jpg

また、これまでは掃除の際、前かがみや中腰での作業を強いられてキツかったんだそうですが、これなら楽な姿勢での掃除が可能ですよね。
livestock6.jpg

夏はフロントの空気取り込み口とリヤのベントドアを開けて家畜にフレッシュエアーを届け、冬はサイドの差し込み部に板をはめて冷気の侵入を軽減させることもできますので、きっと家畜さんたちも快適なハズです。
livestock7.jpg

昇降床の動きは下の動画をご参照ください。

競争社会を迎える日本の酪農を、ヤシカ車体はこのような車両の製造で側面から応援いたしております。

昇降床式家畜運搬車の製作事例(304KB)__sozai__/0011966.png