警視庁機動救助車

緑色の消防車みたいなこの車、皆さんはご覧になったことありますか?

Kshicho1.jpg

この車は「レスキュー110」と呼ばれる警視庁機動救助隊に所属する機動救助車で、救助用資機材を積んでレスキュー隊員が現場へ駆けつける、機動救助隊の中核をなす車両です。

Kshicho2.jpg

 

この機動救助隊は警視庁警備部機動隊に所属し、警備部災害対策課が統括運用しており、地震や台風などによる自然災害、列車の転覆事故、交通事故、火災、爆発事故等の際にいち早く現場に駆けつけ、特殊な装備と専門的な救助技術とを駆使して、人命救助活動に当たるスペシャリスト集団なのです。

Kshicho3.jpg

 

警察が運用しているので、消防や自衛隊では行うことができない雑踏整理や交通規制を自ら行えるのが特徴で、所謂ヤジウマが集まりやすい現場では、特に重宝される存在なのだそうです。

Kshicho4.jpg

 

警察にもこんな車があったんですね!?

Kshicho5.jpg

 

私たちヤシカ車体は、このような車両の製作を通して、みなさまの暮らしに安全と安心を提供いたしております。

機動救助車の製作事例(391KB)__sozai__/0011966.png