ガラス交換作業車

一見ただのガラス運搬車。
でも、このボディーには隠された機能が備わっているのです。

Gmeister1.jpg

 

大型トラックやバスのフロントガラスを交換する作業って、重いし、繊細な作業だし、何より大変高価なモノを取り扱うしで、ガラス屋さんにとってとても大変な作業なんですが、出張で交換工事を行う場合、足場は基本的に脚立を使っていて、不安定な状態での作業を強いられていたんだそうです。

Gmeiste2.jpg

 

そんなお客様から、ガラス運搬車にリフトを載せたいとの相談があり、完成したのがコチラ。

Gmeister3.jpg

 

なんと、ボディーの一部がリフトアップし、ガラス交換作業用の足場になっちゃうんです。

Gmeister4.jpg

 

アオリが水平状態になってココも足場になるので、格段に安定した広々とした足場で作業ができ、お客様から大変ご好評をいただいております。

Gmeister5.jpg

 

このように『こんなことできたらなぁ〜』と思ったら、何なりとご相談ください。
きっと実現させてみせます。